2015年10月6日火曜日

August "Cap" Coleman


今回はアメリカンタトゥーの

パイオニア、

キャップ・コールマンです。

August"Cap"Coleman(1884-1973)

以前に紹介したリーロイは

彼との出会いをきっかけに、

ストーニーはたまたま店に立ち寄った時に

絵の才能を認められタトゥーアーティスト

になる事を進められ、

ポールロジャースは彼と5年間一緒に働き、

タトゥーマシンについて多くの事を

学んだそうです。


1884年、オハイオ州シンシナティ近郊生まれ。

1918年、バージニア州ノーフォークの

タトゥーショップやストリップ劇場、バーなどが

ひしめき合うメインストリートでオープン、

(ノーフォーク、メインストリート)

港町でもあるので多くの水夫たちで賑わっていました。

名刺には住所などは載ってなく、

”メインストリートにあるコールマンのお店を

探して下さい”

とだけ書いてあったそうです。

よほど人気と自信があったんでしょう!

(100年近く経っても変わらないこのかっこよさ、
壁に飾ってあるフラッシュが欲しい!)

しかし1950年、

ノーフォークの条例により

タトゥーが禁止になり、追い出される事となり、

数年後、川を渡ったポーツマスに新しくお店を

オープンします。

(ポーツマス)

その後1973年、誤って川に落ち、

家の近くのエリザベス川で発見されました。

享年89歳。

生前コールマンはタトゥーで稼いだお金を

株式投資し、大金を蓄えてました。

タトゥーも商売もうまい、

完璧!

さらに彼の死後その多くを慈善団体や基金に

寄付したそうです。


最後まで太っ腹!























0 件のコメント:

コメントを投稿